宅建は独学でも受かる|将来に役立つ資格が欲しいなら

打たれ強さを身につけて

男の人

打たれ強さを身につけるためにメンタルヘルスマネジメント検定の資格があります。社会において生き抜くためには打たれ強さが必要です。体系的に知識を学び実践でも活かせる考え方をコントロールし、健康な生活をするためにメンタルヘルスマネジメント検定で身につける内容は役に立ちます。

Read More...

誰でも取得可能な資格

模型

挑戦しがいがあるんです

不動産業界で耳にする宅建。正式には宅地建物取引士という宅地建物取引業法に定められた国家資格のことです。賃貸住宅を借りる際等に宅建士の方から説明を受けたことがある方もおられるかと思います。公平・誠実に不動産取引を進めるための専門家といったところでしょうか。この宅建士、実は独学でも十分取得できるおすすめの資格なのです。宅建試験の受験にあたって大卒などの受験資格はありません。性別や国籍、年齢なども問われませんので、興味がある方であれば自宅で独学してチャレンジすることは可能なわけです。大学に通って取得出来る資格とは異なり、将来不動産業界で働きたいと思っている高校生が独学で受験するとか、子育て中のママがすき間時間に独学で知識を増やして子供の手が離れてから受験するなんてことも出来るのです。ただし、注意していただきたいのは合格した後の条件です。宅建士は資格登録の上で宅建士証の交付を受けて業務を行うことが出来るのですが、この資格登録には成年者以外(未成年でも婚姻している者は除く)は登録が出来ないなどいくつかの条件があります。必ず確認しましょう。

工夫が資格取得につながる

さて、宅建を独学で取得しようと決意したら次はどうやって勉強すればいいのかという疑問が湧いてくるはずです。書店には数多くの参考書が並び、通信教育でも様々な講座が用意されていますので、迷ってしまうのは当然です。しかし、ここで重要なのはどのテキストで勉強するかよりも、自分にあった方法でいかに知識を自分のものに出来るのかという部分になります。宅建はマーク式の択一問題ですので、問題用紙の中に正解が載っているわけです。ですから、数をこなしてどれだけ暗記しているかがポイントです。字を書いて覚えるのが得意な方は新しいお気に入りのノートを買って宅建ノートとしてみっちり書き込むなど、学生時代を思い出して、自分の得意分野で覚えていくことをお勧めします。

需要の高い仕事です

女の人

現在、保育士の需要が急増しています。ただ時間とお金がなければ学校に通うことはできません。そこで通信で保育士の資格を取る事をおすすめします。通信ならお金もかからないし、自分の好きな時間に学ぶことが出来ます。子育て中の主婦の方にもおすすめです。

Read More...

人気の理由となり方

男女

安定という観点から保育士の人気が非常に高まっています。また比較的自由な働き方が出来る点も人気の理由となっています。実際に働くためには資格が必要です。資格を取得するためには、厚生労働省が指定する保育士養成学校の卒業、保育士試験の合格のどちらかが必要となります。

Read More...